2016年08月11日

省コスト オーディオ

プロトタイプではありますが、コストを抑えながら素晴らしい音の出るオーディオの紹介です。

まず、デジタルアンプ









Amazonで450円で売ってるデジタルアンプを100均一のケースに入れました。

スピーカー端子、入力端子、電源端子はオヤジの部品箱から。

入力と電源各端子への接続はテスターで当たって正しく。

10W+10Wで素晴らしく良い音です。

特性は後で測りますが経験的にみて、たぶんかなり好成績です。

電源SW ON/OFFのポップノイズも抑え込まれていて無音です。

外観を気にしなければ1000円でこんな良い音のアンプは買えません。



次に、過去の作品の箱を切り倒した試験状態のスピーカー



・6.5cmフルレンジを2個 (秋月電子で売ってる250円)
・車載用ツイーター (Amazonで2個 500円)
・パッシブラジエーター(秘密のあっこちゃん)

6.5cmで16cmのパッシブを駆動するのに2個使いとした。すごい効果。

フルレンジなのに高域が不足するのでツイーターは必須です。

こんな構成で素晴らしい音が出ています。

片側 850円くらいでできてます。正式版はパッシブを2個使う予定。

フルレンジとツイーターは取り付け方を検討し、CADで設計図はできている。

詳細は正式なボックスを作ってから再登場で書きます。



同じカテゴリー(音楽(聴く道具))の記事画像
ヘッドフォン イヤーパッド
YDA138-e 中華アンプ
BOSE M2に挑戦 2
アンプ修理
CDプレイヤー修理2
BOSE M2 頓挫
同じカテゴリー(音楽(聴く道具))の記事
 ヘッドフォン イヤーパッド (2017-05-08 07:09)
 YDA138-e 中華アンプ (2016-09-04 11:00)
 BOSE M2に挑戦 2 (2016-06-12 07:26)
 アンプ修理 (2014-08-28 12:00)
 CDプレイヤー修理2 (2011-09-19 20:08)
 BOSE M2 頓挫 (2011-03-26 16:21)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。