2014年08月16日

前略おふくろ様 vol.5

この書き出しは4年振りでしょうか。シリーズは細々と生きています。

前略、おふくろ様

8月も中を過ぎましたがまだ中国にいます。お盆だというのにご先祖さまのお墓まいりもできない愚息をお許しください。早く帰ろうとすれば仕事がおろそかになり、それはそれでいけません。悪いところを直しに来ています。もっと悪くして帰ろうかと・・そんなことはできません。


そんななか、カツカレーの李さんが明日からまた休み無しの作業なので韓国料理で精をつけますか、と自分の馴染みの店に連れてってくれました。そうです、日本帰れないどころか土曜日も日曜日も仕事なのです。こんなとき、修次アニイならどうしたでしょうか。「やってられっか!」とてっきゅうを投げて飛行場まで行ってしまうのでしょうか。




李さんが大好きな我々が宿泊しているのではないホテルの日本食レストランのカツカレーを店で食べるとこれです。記事にしたのはこれの「お持ち帰り版」
油で揚げた目玉焼きは東南アジアでも良くいろんな料理に載っています。

てっきゅうと言えば、以前、CASIOの時計を直そうとして出来なかったことがありましたが、今は新しいSEIKOに取り替えましたので大丈夫です。ちゃんと時差補正も効いて一秒たりとも狂いません。たまに狂うのは自分のようです。


中国で食べる韓国料理屋の前菜です。




李さんいわく、韓国料理のこれらの前菜はサービス品なのだそうです。結構な皿数がでてきます。



4人に前菜8種類くらい出てきました

ちょっとビジュアルに驚くかもしれませんが。鶏皮ではありません。



李さんは「豆腐の皮」というのでまさか「湯葉」かなとおもいましたが完全に豆腐でした。布目の付いた薄い豆腐を折り曲げて長くしたものを結んで結び目を付けたというややこしい姿です。見た目に比べて案外おとなしい普通に固い豆腐の歯応えで厚さが薄いので独特の食感で、濃い目の味です。


写真はありませんが秋刀魚の焼いたものも大変美味しいです。


酒はまずチンタオビールです。やはり日本のビールのぴしっとしたキレはなくのんびりした味。しかし、焼酎は違います。



口当たりが良いのでついつい進んでしまいますがめっちゃ酔います。気をつけねば危険です。

前略、おふくろ様、危険なことが起きてしまいました。

メインの料理は韓国鍋だったのですが焼酎のうまさにすっかりやられて出てきた時の写真を撮り損ねてしまいました。なんという失態。
たくさんの種類の野菜に牛肉、蛸、豆腐、貝、濃厚で適度な辛さもありとてもとてもおいしい具沢山の鍋でしたが。。。

気がついて写真を撮ったのは〆の麺を投入した後の祭りでした。となりのさとしは役に立ちませんでした。





鍋に入れるでかい韓麺ってあるんですね。直径20cmのものはインスタントラーメンを発明した日本でさえ見たことがありません。あっ、乾麺か。


前略、おふくろ様、まだしばらく帰れそうもありません。大雨と寒暖の差にお気をつけください。  

Posted by とーしろ at 15:00Comments(0)前略おふくろ様

2010年12月16日

前略おふくろ様 vol.4

前略 おふくろ様

あまりに久しく、このシリーズを失念しておりました。
こういうことを「忘却のかなた」と言うのでしょうか。

再び声が掛かるとは思ってもいなかった「ワルシャワの記事」の場所に
また来ています。前はいつ来たかワルシャワ・・いや、7月以来です。



すると・・・ 金曜日の明るい日差しの中で





娘たちが舞い





微笑み





子供たちが奏で





はじける若さを





嬉しそに 見つめるオヤジの 禿げあたま




セレモニーの終わった会場は徐々にその熱を冷まし



マルハのバスドラムが静かにころがり








誰かの手を離れた風船が    空調の風に揺れていただけ


今日は雪です。 ヤホー天気予報で3日前まで今日は雪だったのが、2日前に雨に

変わっていたんです、が、

やはり雪です。ヤホーは変更すべきじゃなかったんじゃないだろか、寒いです。




前略 おふくろ様

しかし、世の中はうまく出来ていて新しい力も育っています





娘たちはは美しく育ち  (ママに似て)





将来を 嘱望される 若者の 熱き視線の その先の未来





走り去る 獲物見つけた お利口さん いかなるときも 「本」を離さず 

(素早い動き唐突に 腕を問われる 流し撮り)





希望の光が見えます






・・虹のかなたに・・



(ここでクラプトンの「オーバーザレインボー」を自分で流してください、画像と音楽のみごとな融合)

僕たちの明日は明るい・・・はず・・・ぽちっとな 


漢字が書けない 忘れ字のレイドバック  予約掲載  (だから 何時書いたんだ)
  

Posted by とーしろ at 13:00Comments(2)前略おふくろ様

2010年02月02日

前略おふくろ様vol.3




前略おふくろ様

お元気でしょうか。

うつくしま福島の仕事はそろそろ終了となります。レレレの冷蔵庫はあとさきを

考えて、徐々に食材も整理しています。なんとか栄養は摂れていると思われ。



雪は少し落ち着いたようなので、今から月山を越えます。

スタッドレスタイヤはこのあいだ新しいのを2本だけ取り替えましたが、あとの

2本もけちけちせずに取り替えました。山がしっかりしてると気分良く走れます。

しかし、月山道路に雪はありませんでした。

「かたすかし」って技をいつ覚えたんでしょうか。案外、山はしっかりしています。






秀次アニイが鉄串で直せなかった時計はCASIOが直してくれましたが、新しいの

を買った方がいいか迷う「微妙な修理代金」が掛かりました。敵は人の心理をうまく

掴んでいるようです。13600円もふんだくりやがって。でも、ケースごと新しくなりました。

生臭ささは残っていません。あーよかった。










前略おふくろ様

1月31日に庄内に行くとなれば、当然、黒川が気になるところですが、田代食堂で

「ねぎラーメン」を食べて、腹ごしらえをしました。らーめんより50円高く、たれに絡めた

ねぎが私には少し甘かったのですが、チャーシューが一枚プラスされていたので納得

しました。私はデフォルトの「ラーメン」が合ってるようです。


途中、下座の公民館では大勢の若者が本番の準備をしているらしく、車がいっぱいでした。

で、実家に着いたので、これ以降の文面は

「全略おふくろ様」


・・・・・・


と、思ったのですが続きがあります。

ひさびさにご馳走になった鱈のどんがら汁はうまかったです。

身もココロもあったまったようです。あいかわらず寒いのはふところだけです。





そして、帰るときまた、田代食堂でデフォルトの「ラーメン」です



やっぱり浮気せずに王道でいくべきだと反省しました。これが一番です。


王祇際当日の公民館は神宿で当屋そのものなので、人が大勢集まっていました。

大地踏みはまだ始まらない時刻で、暗くならないうちに60里越え街道を通り過ぎた

かった私は残念ながらまたもや素通りです。お客さんの中には顔見知りも大勢いる

わけですが、肥えはかけませんでした。いや、声をかけずに通り過ぎました。

話し込むと暗くなるので・・・・熊が出るとこわいので・・・




と、こ、ろ、が

福島に着いてみると、いままで、鹿児島に雪が降ろうが、長崎で雪で怪我する人

あろうが、天気続きだった福島浜通りが・・なんと・・雪でした。道路も圧雪、凍結。



けちらずにスタッドレスを取り替えた私の、運のよさ、幸運の女神、冷静沈着な判断

風水での玄関の方角は正しかったようでなによりでした。ただ、雪に慣れてない地元の

車が多く、80kmの国道に2時間かかりました。(自分なら1時間もあれば・・・オイッ)




月山を越える前に作っていた麻婆豆腐を忘れていましたが、しっかり食えました



火を通した豚肉は2日くらいでは「ほがほが」にはなりません。賞味期限内です。



おふくろさんに作ってもらった 「こづけ」 いただきました、うまいです。

小学校の用務員さんではなく

ひと月3000円   でもないのですが・・・・「こづけ」  です







白菜の松前は自作です、おふくろさんのようにはいかないわけで。



それで、若旦那の浮気が直ってくれればいいのですが、ますます、あの人にのめり

込んでいるようで、それを許せない秀次アニイはこんどこそ若奥様を・・・・



おっぱいは豊かですが、それ以外がもっと豊かで・・・なんとも

・・言葉が続きません・・・幼稚園からの勉強不足を許してください。

  


世界人類平和でありますように・・・ポチッとな


3回分くらい書いてしまったので後が続かなく・・・なりません。
浜のあばは尽きるとも、世にとーしろのネタは尽きまじ。

(あば:魚の行商をし、息子3人大学にやった働き者のりっぱなおばあさんのこと)

  

Posted by とーしろ at 12:35Comments(12)前略おふくろ様

2009年12月25日

前略 おふくろ様 vol.2

前略 おふくろ様

雪は少しは落ち着いたのでしょうか、鉛色の雲と、屋根の圧迫感を感じる

貴方の後姿が瞼に浮かび  心配です。





雪も降らない街に、達郎の歌が流れる頃



ワルシャワには帰れない燕が飛びかい





人々は華やかな街に綺麗なもの、面白いもの、美味しいものを求めて彷徨う







若旦那には隠し子もいる様子で、奥様がどこまでご存知か・・・





隣のサトシに屋根の雪下ろしを頼んでおきましたので、明日、いってくれると・・


自分は山火事のような忙しさで





「又八ーっ! 火事だ、火事! 消せっ! 火を消せ! おいっ 消火栓!」

「だいじょうぶですって、野火ですよ、野火。  土手焼きの 隣流るる 小河川 」




こちらは精進の日々の繰り返し、街で働く女たちが

ポインセチアの鉢植えを持って帰る「赤と緑」をみつめるだけ。





(わるいけど、これ、シクラメンよ! ばかね)


前略、おふくろ様

腕時計のバンドのピンが折れて、細い軸が本体の穴に入ったままとれず、

秀次アニイが「お貸しっ!」とかいってしばらく眺めていましたが、

しまいにゃ、放り投げました。 魚を焼く鉄串では直せないようでした。


で、仕方ないのでCASIOに修理に出しました。

4個のうち、二つのボタンも汗と埃で動かなくなったようです。 それに・・

少し 生臭く   なりました。


修理代が、新しいのを買うのと迷うほど、高くないことを祈ります・・・・ポチッとな


予約掲載のためリアルタイムのコメント返信は出来ないかもしれません  

Posted by とーしろ at 12:00Comments(3)前略おふくろ様

2009年11月29日

前略おふくろ様 vol.1

前略、おふくろ様

昨日も上がりが遅く買い物ができなかったわけで、あの、秀次アニイとはうまく
やってます。買い物は近所のスーパーなのですが鰰は売ってないわけで、ここ
は太平洋だなって思います。晩飯の材料が底をつきました。

仕事は皆イイ人たちでうまくいってます。作る前にコワス。なんとか壊したわけで。
ただ、私は周りの人に愛されてると感じるわけで・・・。

そのわりに飯はちゃんと食ってるので心配ないわけで、こないだおふくろさんが
ついて、私が丸めた餅がひとつとってありました。親父の作った牛蒡でイイ出汁
出てます。すみません、あの、うまく言えないのですが、・・・ねぎは福島です。





嘘は言えません。もうひとつ、にんじんも福島です。わかめはどこかわかりません。
子供の頃からの勉強不足を許してください。


今朝、月鼻に頼んでいたカーナビのバージョンアップが届きました。朝飯も
食べたので、あ、洗濯もすましたので、これから入れ替えようと思います。

福島は朝、霜が降りていました。山形の冬はもっと寒いと思います。
お体に気をつけて。うしろのタイヤが減ってしまって、スタッドレスは、あの、
いい値段がするのでしばらくお会いできそうもありませんが、また、
顔を出します。


前略おふくろ様
私の人生のカーナビは、まだ、うまく、道を教えてくれません。
迷ってばかりです。


足元暗元僧・・・ポツッとってが


  

Posted by とーしろ at 11:19Comments(14)前略おふくろ様