2014年08月16日

前略おふくろ様 vol.5

この書き出しは4年振りでしょうか。シリーズは細々と生きています。

前略、おふくろ様

8月も中を過ぎましたがまだ中国にいます。お盆だというのにご先祖さまのお墓まいりもできない愚息をお許しください。早く帰ろうとすれば仕事がおろそかになり、それはそれでいけません。悪いところを直しに来ています。もっと悪くして帰ろうかと・・そんなことはできません。


そんななか、カツカレーの李さんが明日からまた休み無しの作業なので韓国料理で精をつけますか、と自分の馴染みの店に連れてってくれました。そうです、日本帰れないどころか土曜日も日曜日も仕事なのです。こんなとき、修次アニイならどうしたでしょうか。「やってられっか!」とてっきゅうを投げて飛行場まで行ってしまうのでしょうか。




李さんが大好きな我々が宿泊しているのではないホテルの日本食レストランのカツカレーを店で食べるとこれです。記事にしたのはこれの「お持ち帰り版」
油で揚げた目玉焼きは東南アジアでも良くいろんな料理に載っています。

てっきゅうと言えば、以前、CASIOの時計を直そうとして出来なかったことがありましたが、今は新しいSEIKOに取り替えましたので大丈夫です。ちゃんと時差補正も効いて一秒たりとも狂いません。たまに狂うのは自分のようです。


中国で食べる韓国料理屋の前菜です。




李さんいわく、韓国料理のこれらの前菜はサービス品なのだそうです。結構な皿数がでてきます。



4人に前菜8種類くらい出てきました

ちょっとビジュアルに驚くかもしれませんが。鶏皮ではありません。



李さんは「豆腐の皮」というのでまさか「湯葉」かなとおもいましたが完全に豆腐でした。布目の付いた薄い豆腐を折り曲げて長くしたものを結んで結び目を付けたというややこしい姿です。見た目に比べて案外おとなしい普通に固い豆腐の歯応えで厚さが薄いので独特の食感で、濃い目の味です。


写真はありませんが秋刀魚の焼いたものも大変美味しいです。


酒はまずチンタオビールです。やはり日本のビールのぴしっとしたキレはなくのんびりした味。しかし、焼酎は違います。



口当たりが良いのでついつい進んでしまいますがめっちゃ酔います。気をつけねば危険です。

前略、おふくろ様、危険なことが起きてしまいました。

メインの料理は韓国鍋だったのですが焼酎のうまさにすっかりやられて出てきた時の写真を撮り損ねてしまいました。なんという失態。
たくさんの種類の野菜に牛肉、蛸、豆腐、貝、濃厚で適度な辛さもありとてもとてもおいしい具沢山の鍋でしたが。。。

気がついて写真を撮ったのは〆の麺を投入した後の祭りでした。となりのさとしは役に立ちませんでした。





鍋に入れるでかい韓麺ってあるんですね。直径20cmのものはインスタントラーメンを発明した日本でさえ見たことがありません。あっ、乾麺か。


前略、おふくろ様、まだしばらく帰れそうもありません。大雨と寒暖の差にお気をつけください。


同じカテゴリー(前略おふくろ様)の記事画像
前略おふくろ様 vol.4
前略おふくろ様vol.3
前略 おふくろ様 vol.2
前略おふくろ様 vol.1
同じカテゴリー(前略おふくろ様)の記事
 前略おふくろ様 vol.4 (2010-12-16 13:00)
 前略おふくろ様vol.3 (2010-02-02 12:35)
 前略 おふくろ様 vol.2 (2009-12-25 12:00)
 前略おふくろ様 vol.1 (2009-11-29 11:19)


※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。