2016年09月17日

シン ゴジラ

実は庄内から帰って間もない8月18日に信号で停まっていたおかあちゃんの車に、若いおねぃちゃんの運転する車が追突してうちのヴィッツはまるでゴジラのしっぽにぶん殴られたように無残な姿になった。

幸い、おかあちゃんが受けたかもしれない衝突のエネルギーによるダメージは全部ヴィッツが柔らかく吸収して受け止めてくれたらしく、病院の検査でもなんともなかった。時間をおいても不具合が出ないので良かった。




シンゴジラは極めて 極めて日本らしい映画で、日本人にしか受けないだろうと思う映画だった。良くも悪くも。あの下調べと大きな協力を受けた準備の深さは大したもんだが、ややもすると設定に無理があるか、唐突感が気になるところもあった。ただし、迫力と新しい視点は大いに感じた。うちの2番目は3回も観たと言ってる。



信号でぼーっとしていたというおねぃちゃんはノーブレーキで突っ込んできたので、ひょっとして8月中旬ならば流行りの・・あのゲー・・あるまいか。とも思うのだがそこを突っ込んでも仕方がないのでオヤジは次の車をどうするかに頭を悩ましている。今、別な車を買う心づもりなど全くなかったのだから。


同じヴィッツにするのも芸がない。大きな車はおかあちゃんが運転できないとのたまわる。最大5人乗れればいいが、荷物も積みたい。ミドルクラスミニバンじゃちょと大きい。オヤジが乗るならヨーロッパ仕込みのオーリス1200ccダウンサイジング田んぼなどという選択もあるのだが、幅の広い車はうちの駐車場で自転車の出し入れによる生傷が絶えない。


さて。  「もスラの幼虫的」デザインか、「最高にちょうどいい」出たばっかりか。


映画はCGがなければ成り立たない時代だが、役者の、人の迫力ってもんに、たまに圧倒されてみたいとも、、思う。




同じカテゴリー(映画)の記事画像
美女と野獣
ローグワン レイヤ姫
TARS 1本
君の名は
「聲の形」
ズートピア
同じカテゴリー(映画)の記事
 美女と野獣 (2017-05-14 15:39)
 ローグワン レイヤ姫 (2016-12-30 17:00)
 TARS 1本 (2016-11-04 05:59)
 君の名は (2016-10-03 04:04)
 「聲の形」 (2016-09-25 20:59)
 ズートピア (2016-05-15 00:00)

Posted by とーしろ at 19:13│Comments(2)映画
この記事へのコメント
アニメや漫画コミックの実写化が失敗に終わるのが後を絶たない中、これは成功した例かと。
監督がアニメで有名なエヴァンゲリオンの庵野監督だし、失敗が続く日本映画界の中で成功した良い例だと自分は思います。
ゴジラを災害に見立てた展開は意表をつきましたね。
このシンゴジラを観て、何度でも観たくなる映画を作ったシンゴジラ、少なくとも昨年のハリウッドよりは全然マシ、日本映画界もまだまだ捨てたもんじゃないな!と思いました。
観てないなら是非!
Posted by 量産型ギムレット at 2016年09月23日 23:25
【量産型ギムレット様:庵野さんはタイトルにいろんな気持ちを込めたみたいですね。これから見る人のためにあまり書かないようしますが、老いも若きも男女問わず見ておくべき映画かと。
Posted by とーしろ at 2016年09月24日 06:15
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。