2017年11月08日

秋の夜長のJAZZ

ひとりグラス傾け JAZZ





Stéphane Grappelli - Michel Petrucciani
「Flamingo」

バイオリンの凄み、フランス最高のピアノはエスプリ

西暦1995年収録当時、グラッペリ87歳、ペトルチアーニ32歳、

ベースがムラーツでドラムスはロイ・ヘインズ

このような素晴らしい録音が後世に残された幸運に感謝。

録音の2年後にグラッペリが、4年後にペトルチアーニが鬼籍に入る。

ハンディキャップと年齢を超えてなお芳醇なこのおしゃれ感。すごい!









Michel Petrucciani - Steve Gadd - Anthony Jackson
「Trio in Tokyo Import, Live」

もう一枚はブルーノート東京で1997年 

ペトルチアーニ、スティーブガッド、アンソニージャクソン。

これまた名演



同じカテゴリー(音楽(聴く))の記事画像
東京JAZZ Vol.3 川口千里
東京JAZZ VOL.2
冥土への手紙
ひで&たま Live動画
驚愕のダンス
ひで&たま
同じカテゴリー(音楽(聴く))の記事
 東京JAZZ Vol.3 川口千里 (2017-10-22 06:06)
 東京JAZZ VOL.2 (2017-10-15 14:00)
 冥土への手紙 (2015-10-07 06:55)
 ひで&たま Live動画 (2015-02-16 18:00)
 驚愕のダンス (2015-02-10 11:11)
 ひで&たま (2015-01-12 19:00)

不適切なコメントを避けるためやむなく承認後にさせていただきます。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。