2017年02月20日

ギターアンプ準備完了

エレアコを本番で使えるよう準備完了しました。




エレアコの音量は家で使うには生で十分ですが、少し広い会場ではアンプに接続したくなります。アンプに繋ぐとエフェクトをかけたくなります。昔々、独身の頃、気に入って本番で使っていたエフェクターセットは盗難にあって一式無くなってしまい、その後、同じBOSSのマルチを使っていました。コンプ、ひずみ、コーラス、リバーブがそろっていれば良かった。

今でも十分使えるし音は悪くない、メモリーもきちんと動作しますが、しかし、20年以上経った姿はさすがに可哀想な外観になってしまいました。
そこで新調したのがBOSSのGT-1です。なんと自分の演奏を録音してフットスイッチですぐ再生してダブできる機能までついています。

ギターアンプは最初、ミニフェンダー風を使うつもりでしたがエフェクターのコーラスをステレオで鳴らしてみたくてステレオのクリーンなまま、オーディオアンプを使うことにして、これまた見栄えを考えて新たに作りました。スピーカーはユニットを交換したBOSEもどき。こんな5cmユニットでギターが鳴らせるか、、大丈夫です。



機能と音なら下のプラケースに入れたヤツで十分ですが。




ギターからエフェクターへ繋ぐケーブルと、エフェクターからステレオでアンプに接続するケーブルはベルデンのケーブルとノイトリックのプラグでちょうど良いながさで自作しました。網袋チューブを被せてごちゃごちゃしないように組にしています。



あと、椅子に座って弾きたいので右足にフットレストを使うために、最初、自作しようと設計図まで書いたのですが、ここ2か月の寒さに自作をあきらめ買いました。




すべって使えないので上面にすべり止めゴムシートを貼り、セットした時に金属棒がはまる溝が緩くて持ち上げると外れて使いずらいので、金属棒をくわえ込むように改良しました。



ビニールのケーブル束ねるスパイラルをビスで留めて、金属棒がパチンとはまるようにしたのです。これはグッドアイデアでしょう。真似する奴がいるかも。







ギターアンプセットはカメラ2台用のバーにセットして三脚に立てます。

あとは娘たちがノリノリで歌ってくれる。








同じカテゴリー(音楽(演る道具))の記事画像
ベース修理B 石ロゴ
ベース修理A その2 完了
ベース修理A その1
カラオケ屋楽器持ち込み
シールドケーブル自作
オベーション 9V電源
同じカテゴリー(音楽(演る道具))の記事
 ベース修理B 石ロゴ (2017-07-30 11:11)
 ベース修理A その2 完了 (2017-07-29 08:34)
 ベース修理A その1 (2017-07-27 14:52)
 カラオケ屋楽器持ち込み (2017-02-05 19:48)
 シールドケーブル自作 (2017-02-05 07:00)
 オベーション 9V電源 (2017-01-22 10:55)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。