2017年02月05日

シールドケーブル自作

BELDEN8412というケーブルとNEUTRIX(ノイトリクス)のプラグでフォーンケーブルを自作しました。入力側をコールドとシールドを撚り合せてセミバランスにします。ちょうどいい長さのケーブルが使い心地が良い。

もうひとつ、ギターに2本のケーブルが繋がるので袋網ケーブルにまとめました。こうするとエフェクターからギターまでごちゃゴちゃせずに済みます。エフェクターから9V電源分岐してギターまで行くので同じ経路だからです。小さな自作ミニアンプは空間系エフェクトをかけて適度な音量で鳴ります。


AMAZONとサウンドハウスでは材料代が大きく違いました。








今日は地元の町内会会館が塞がって使えないのでカラオケ屋で練習してきます。


同じカテゴリー(音楽(演る道具))の記事画像
ベース修理B 石ロゴ
ベース修理A その2 完了
ベース修理A その1
ギターアンプ準備完了
カラオケ屋楽器持ち込み
オベーション 9V電源
同じカテゴリー(音楽(演る道具))の記事
 ベース修理B 石ロゴ (2017-07-30 11:11)
 ベース修理A その2 完了 (2017-07-29 08:34)
 ベース修理A その1 (2017-07-27 14:52)
 ギターアンプ準備完了 (2017-02-20 06:49)
 カラオケ屋楽器持ち込み (2017-02-05 19:48)
 オベーション 9V電源 (2017-01-22 10:55)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。