2016年12月23日

シエンタ 室内LED化

シエンタはLEDパッケージを選びましたが、それはヘッドライトと
リアコンビネーションライトがLED、フォグランプはハロゲンで、
その他は普通のランプです。

できるだけ省エネを目指すには室内ランプもLEDに、ということで
早速できるところからLED化します。






白いのが室内灯で使ってるLED T10 、 ガラスのは外した白熱球
室内灯は形状が違いますがもう付けちゃったので写真無し。



購入した時の写真




もし、使ってみて暗いようならもっと明るいのに交換する



常時電源から電源をとる室内灯はエンジンがかかっていないときに
点灯するので消費電力が少ない方が良いです。

今回、取り替えたのは以下
・室内灯
・フロントマップランプ T10x2
・ラゲッジランプ T10
・ナンバーランプ T10x2



ウインカーも省エネ目的と消え方の切れの良さでLED化したいの
ですが、球切れを表示するハイフラ現象を回避するのに抵抗を足し
たりする愚をしたくないし、それ以外のハイフラキャンセラーを調べて
から対応したい。

従来の白熱球に比べてLEDは恐ろしく抵抗が大きく、消費電力が
少ないので車は「球切れ」と判断する。球切れの表示をハイフラッシャー
以外の方法にするか、最初から電子回路で点滅間隔を決定する回路
ならいいんだけど。


同じカテゴリー()の記事画像
スマホで空気圧
シエンタ ハイブリッド
シエンタ燃費
シエンタ デイライト計画
シートカバーでグレードアップ
ハンズフリー電話
同じカテゴリー()の記事
 スマホで空気圧 (2017-12-03 08:21)
 シエンタ ハイブリッド (2017-05-05 06:28)
 シエンタ燃費 (2017-03-05 17:19)
 シエンタ デイライト計画 (2017-01-20 04:53)
 シートカバーでグレードアップ (2017-01-15 17:17)
 ハンズフリー電話 (2017-01-14 22:45)

Posted by とーしろ at 14:00│Comments(0)
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。