2016年12月11日

シエンタ クルコン配線

昨日取り付けたクルーズコントロール付きスロットルコントロール「3DR」の記事は
いきなり完成写真を載せましたが、取り付けには結構時間が掛かりました。




3DRの接続の要点は、アクセル信号とブレーキ信号=配線図の赤マーク
それにスピード信号とリバース信号=配線図の緑マークの取り込みです。

スピード信号とリバース信号は、ディーラーオプションのカーナビの取り付けを
おこなう際に、ディーラーに頼んで予め信号線を出しておいてもらいました。

どうせ取り付け作業で触る部分なので、ナビ廻りのパネル外し作業が1回で
済むように、さらに走行中にテレビが見られる配線キットも付けてもらいました。
なんと手際の良い依頼の仕方でしょうか。(笑)

冬の低い気温の中でのパネル外しの作業は、パネルを留めるピンが固くなって
るので回数は少ない方がよいのです。





その配線に自分でギボシを付けて接続しました。


スロットル配線とブレーキ配線は車ごとに専用の割り込みハーネスが
設定されていて、シエンタ170はスロットルハーネスが11A、ブレーキが
BR-9を選びます。本体と一緒に買ってあるのそれで接続します。



まずスロットルハーネス



元のコネクタをはずすのに、爪を押し込むイメージはわかっていますが
触りにくい場所でかつ爪が見えず苦労しました。




次にブレーキハーネス





本体とスロコンコントローラー、クルコンリモコンボタンは刺すだけ。
配線をまとめて脱落しないよう、パネル取り付けや運転に支障のないように
インシュロックで留めて完成。ETC配線とフロントカバーを戻して終了。

初期設定は済ましたので、あとは試運転です。

明日(今日)アルミホイールを取り付けにタイヤガレージまで走るので
試せると思います。


安全とエコ目的で取り付けたいものはまだいろいろあるなぁ。



同じカテゴリー()の記事画像
スマホで空気圧
シエンタ ハイブリッド
シエンタ燃費
シエンタ デイライト計画
シートカバーでグレードアップ
ハンズフリー電話
同じカテゴリー()の記事
 スマホで空気圧 (2017-12-03 08:21)
 シエンタ ハイブリッド (2017-05-05 06:28)
 シエンタ燃費 (2017-03-05 17:19)
 シエンタ デイライト計画 (2017-01-20 04:53)
 シートカバーでグレードアップ (2017-01-15 17:17)
 ハンズフリー電話 (2017-01-14 22:45)


Posted by とーしろ at 06:06│Comments(0)
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。