2016年12月03日

ばかAMAZON


腹立たしくも恥ずかしい話をひとつ

新車の届くのを心待ちにしていて、やっと納車日がきまりました。

純正のアルミホイールが自分的にはいまいちなのでモデリスタで
販売しているものをもっと安く売っているのを見つけて買いました。

AMAZONで購入し宇佐美SSで取り付けると工賃も安く上がるという
システムを利用しようと、予約まで済ましていました。

アルミホイールは一般的なサイズならよほど高級ブランドでない限り
1本1万円以下で買えます。30240円なら一台分の価格で、このブランド
でモデルなら一番安いと思えました。

アマゾンで買う前にどこを見ても1台分4個セットと表示がないので
質問もしていましたが、回答がありませんでした。




でもしかし、この価格で1本分というはずはありません。
AMAZONの別な販売店ではタイヤとセットで4本 46000円です。
この方が安いのですが、最初についてるタイヤがもったいないし
置き場所に困るのでホイールだけ買うことにしたのです。





ネットで販売しているほかの店でもほぼこんな価格で4本買えます。
ホイール 1本が30240円するはずがない。

ところが注文して届いたのは1本でした。
あわててAMAZONカスタマーサービスに確認の電話しました。

対応に出たおねーさんがしばらく調べてその回答は「1本の価格です」

AMAZONのばかやろうですね。常識知らずのマヌケ。
わかる人が誰も管理していないんですね。最初にこの商品を企画した
人は1台分で組んだでしょう。事務的のそれが数量の記載がないまま
PCでリスト化されて、1個の価格とは判断するしかなくなったんだと
理解します。クレーム対応のお姉さんは判断できないのです。

一番、理想的な対応は「4本の価格でしたので後の3本はすぐに発送
致します」って答えだったんだが、修正能力も常識的な価格の知識も
無いただの事務方がいるだけなんですね。
すぐに返品手続きをしました。それ以外、方法がないのです。


いままで数百万円以上買い物していますが、最近のAMAZONの商売人
としての管理能力は皆無ですね。ただ、返品、返金すればいいでしょみたいな。

取り付け予約してあった宇佐美にキャンセルの連絡をしました。

そして、YAHOO店で別のデザインのアルミホイールを4本 31000円
送料無料で買いました。取り付けをどこに頼もうか。
ええいっ 腹の立つ。 血圧上げないでくれ!


同じカテゴリー()の記事画像
スマホで空気圧
シエンタ ハイブリッド
シエンタ燃費
シエンタ デイライト計画
シートカバーでグレードアップ
ハンズフリー電話
同じカテゴリー()の記事
 スマホで空気圧 (2017-12-03 08:21)
 シエンタ ハイブリッド (2017-05-05 06:28)
 シエンタ燃費 (2017-03-05 17:19)
 シエンタ デイライト計画 (2017-01-20 04:53)
 シートカバーでグレードアップ (2017-01-15 17:17)
 ハンズフリー電話 (2017-01-14 22:45)

Posted by とーしろ at 18:29│Comments(2)
この記事へのコメント
アマゾンの該当ページ、見てきました
左側の販売本数に、「単品」「セット」というのがあり、そこで検索すると、とーしろさまが買われたのは単品の方にヒットしました。
購入する時は徹底的に調べないといけませんね。
同様のコメントが3点ほど見つかりました
せっかくプライムで楽しんでるのに、これじゃあ(;´Д`A ```
Posted by スタン&ジェイク(量産型ギムレット) at 2016年12月07日 01:56
【量産型ギムレット様:あるでしょ、数量表示のないのが。そこでまた指摘して「1台分4本」と直してくださいとコメント入れましたが、またまた「返信がありません」と回答がきました。わからない人しか携わっていないのです。

これに対してyahoo shopに登録されてる普通のカー用品店は「お客様の注文はメーカー在庫無く納品に2か月掛かります」とメールが来たので電話するとお姉さんが対応して、リム幅のワンランク違う使えるサイズを確認したら即納可能というので、先の注文をキャンセル手続してもらい、欲しいものが買えました。まだ、到着してませんが。

血の通った商売とはこういうものです。AMAZONは間違いを認めることも修正も何もできないのです。気に入らないなら返品、というだけならそのうちカスタマーが離れていきます。
Posted by とーしろ at 2016年12月07日 07:05
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。