2016年11月23日

宇都宮 花の季

このところものすごく忙しく、休みもとれないほど。

そんなわけもあって、タイミング的にちょっと後戻り記事です。

宇都宮にまた行きました。

餃子がウリのまちですが、ラーメンもうまいという店をネットで探して行きました。

前回は出張で行った曜日が休業日だった

「花の季」 駅前店


ばかうまラーメン  オヤジは普通盛り(2玉260g)は食べられません

「中」という名の1玉が普通盛り ふつうは「中盛り」が1.5玉ですね 大盛りが2玉



ネットで評判を見ればふたつに評価が分かれます

「うまい」 「薄い」

とーしろオヤジはわかりました。

「なに系」とか属さない豚骨しょうゆなのですが、油をうまく乳化していてまろやかなのです。

しょっぱさもとんがっていない。うまみも何かを強調していないシンプルな調和が、今時、普通に流行ってる「しょうゆとんこつ」 とか 「ぎっとぎとどろりスープ」 「魚粉もっこり」 に慣れた舌には物足りないと感じられるのだと思います。 

オヤジには塩味の十分さは感じましたが、少し、なにか足りない。乳化したまろやかな油から「かすかに顔を出すうま味」が欲しい。

オヤジは油っぽくないすっきりした透明感のスープに揺るぎないうま味の詰まったのが好き。一番難しい。

麺は自家製麺でとてもうまい。適度なつるしこ感がありどこの「流行り」にも流されない主張がある。






それでは、餃子



「野菜」と「肉」があるってんで今回は「肉」を注文した。そこには肉のうまみを包む野菜の存在もあるはずだった。

「肉餃子」 味は悪くないが・・ ぎゅっと固く縮んで、ぎょうざの餡としておいしく食べるための何かが足りない。素直に肉オンリー過ぎる。「肉餃子」といっても肉を活かしつつ野菜の水分も絡めたふっくら感が絶対必要と思う。

餃子で有名なところながら案外工夫は足りない。おいしいハンバーグも肉だけではできない。















同じカテゴリー(ラーメン(外食))の記事画像
文下食堂の中華そば
琴壱
宇都宮餃子
王将
幸楽苑 
あさひ満々らーめん 名誉挽回
同じカテゴリー(ラーメン(外食))の記事
 文下食堂の中華そば (2017-06-15 07:09)
 琴壱 (2017-06-14 06:51)
 宇都宮餃子 (2016-10-25 08:08)
 王将 (2016-10-07 08:00)
 幸楽苑  (2016-09-21 12:00)
 あさひ満々らーめん 名誉挽回 (2016-08-27 14:31)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。