2016年01月30日

4Kテレビ 他

やっとうちにも液晶テレビがやってきた。
笑われるかもしれないけど。

家を建てた平成2年に買ったPANASONICのテレビは13年使って時代が移り、
次のSONY 最後のブラウン管テレビは途中一度電源のICを修理したくらいで
やはり13年使った。
そう、地デジの時代になってもレグザチューナーを介してずっとブラウン管
モニターとして使い続けた。

それにはポジティブにブラウン管を使う理由があった。
○液晶テレビの画面はどぎつく目に痛い、これは調整の範囲外だった。
○ブラウン管の方が自然に長く見られる。
○地デジに代わったタイミングの東芝レグザチューナーで新しい液晶テレビの機能は
全て網羅している。


結果的に26年間で使ったテレビは2台だけ。
よそのことはよくわからないがうちは結構ものを大事に使うほうだと思う。
それに音関連の電気品を作るし、いろいろ直すし、世の一般的な流れからすれば
「電気屋からみて良い客」ではないだろう。きっと。


4Kテレビ 他


ところが最近、オーディオオヤジの作った前時代的スピーカーの強烈な磁力に
影響されたかされないか、(そんなことは百も承知で影響させてないが)
周辺が緑色になったり不安定な動きをするようになった。

やっと人並みに液晶テレビを買うことにして、量販店で下調べ。

2Kテレビの40型程度でよいだろうとたかをくくっていたが、いざ比べてみれば
4Kが良い。しかも、我らが子供のころに言われたテレビサイズと見る距離は全然
考え方が違ってきているのだと。1.5mの離れでも50インチ55インチが当たり前らしい。

さらに、画面のメリハリをつけ過ぎたコントラストがギラギラしたのは疲れるので嫌いだ
と言うと店員さんのお奨めはPANASONIC。より高級な800、900シリーズもあるが、
画質を含む総合性能、リモコンの応答速度で700シリーズが良かった。ということで
モデルは決まった。


4Kテレビ 他


今まで使っていたBR-プレイヤー、レグザチューナーに繋いだ2台のHDD、DVD
、テープデッキ、BSアンテナ電源供給装置、地デジブースター、電源ケーブル
信号線、アンテナのすべての配線をばらし。4時間かけて掃除、再接続。
ケーブルのまとめ、スパゲッティくるくる。

新しいテレビを組み立て、自作は遠慮なく転倒防止のテレビ台穴あけ。飲酒ロック。
インターネットに繋げばなんと今のテレビはパソコンか。!!
テレビなのに最初に立ち上がるのはFIREFOX OS。ユーチューブでもなんでもござれ。
13年前のブラウン管テレビを大事に使ってきた古いオヤジから見れば隔世の感がある。
テレビの検索窓に日本語を入力するためのブルートースキーボードを用意しなくちゃ。


ところでテレビの検討しているときにオヤジのPCメインマシンの液晶モニターが
突然「プチッ」っと切れてしまった。

4Kテレビ 他

今は撤退してしまった三菱電機の綺麗な23インチモニター。電源ランプが点かなく
なったので電源回路のコンデンサーか何か、直せるならと分解してみたがスイッチング
電源のICか何かがパンクしたみたいだ。
 交換すればいいものでもないのでスパッとあきらめ、LG電子の23インチを買った。
国産の液晶モニターの最高レベルの技術は今やKに移ってしまって見る影もない。

液晶モニターは三菱のリサイクルに連絡しメーカーに引き取ってもらった。


さっきまで使っていたSONYの32型 最後の高精細ブラウン管テレビはリサイクルチケット
を購入し、市指定の廃棄物処理業者の工場に運んだ。



さらにもう一つ、酒田に単身赴任の時に買ったシンプルな電子レンジを、家の高機能
レンジが壊れた時から代理で使ってきたがこれも変な音の出る不具合が散見されるので
交換することにした。

価格COMで調べれば、東芝の石窯ドームが目的に合ってるらしい。

4Kテレビ 他


なんだか今週は電化製品入れ替えのオンパレードになってしまった。
今週だけはネット上の電気屋にとってとても良いお客様だった。


同じカテゴリー(家電)の記事画像
テレビパソコンの修理
アンテナの仰角
BSアンテナ交換
LED照明 手直し
照明 LED化
HDD録画
同じカテゴリー(家電)の記事
 テレビパソコンの修理 (2016-02-02 02:02)
 アンテナの仰角 (2014-11-19 12:00)
 BSアンテナ交換 (2014-11-16 18:00)
 LED照明 手直し (2014-07-20 15:01)
 照明 LED化 (2014-07-12 16:08)
 HDD録画 (2010-08-21 15:36)


※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。