2015年02月02日

『アゲイン 28年目の甲子園』

野球映画が続きます。


マスターズ甲子園

むなしくおいてきた「熱かったはずの青春の1ページ」





甲子園に行く手前の決勝に行けなかった事件

取り戻せない時間と想い。

張りを失った人生と折り返し地点を曲がるかという自分の歳。




思い出したくない人生の負い目から目を背けることをやめて前に進むためには、マスターズ甲子園に出よう






野球を題材にして描かれたのは

別れ別れになった父と娘の葛藤





中井貴一は相当練習したらしいこの構えの美しさ







決勝に行けなくなった原因を作った部員の娘、波瑠がかわいい。

この映画、結構泣かされました。



(詳しく言えない)構成の荒さも気になるが、最後の浜田省吾の歌にやられた。

ハンカチ握り締めて観に行くべし。夫婦で、あるいは・・娘と一緒じゃ恥ずかしくて観れないか。







同じカテゴリー(映画)の記事画像
美女と野獣
ローグワン レイヤ姫
TARS 1本
君の名は
「聲の形」
シン ゴジラ
同じカテゴリー(映画)の記事
 美女と野獣 (2017-05-14 15:39)
 ローグワン レイヤ姫 (2016-12-30 17:00)
 TARS 1本 (2016-11-04 05:59)
 君の名は (2016-10-03 04:04)
 「聲の形」 (2016-09-25 20:59)
 シン ゴジラ (2016-09-17 19:13)

Posted by とーしろ at 12:00│Comments(0)映画
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。