2014年01月12日

泡盛 その2

うまい泡盛 「残波」が残波になってきましたので第2弾





泡盛には数年寝かせて熟成させた古酒「クースー」があるそうですが、各社いろいろありすぎてわかりません。日本酒や他の酒も同じように長期間熟成させたものがあります。うまいのは容易に想像がつきますがとりあえずスタンダードグレードで楽しんでみたいと思います。


Amazonで探せば泡盛人気ランキング上位に入っている銘柄のセットがあった

「菊の露」 : 宮古島で80年の伝統を持つ老舗、宮古島の地下水で醸造されたミネラル豊富な一本。これの「VIP」が人気らしい。

「久米島の久米仙」 : 古酒の熟成には、読谷村で作られた南蛮荒焼甕を用いるなど「普遍なる味」で勝負する。 沖縄本土の久米仙もあるが別会社。本土の久米仙は次回に。

「残波 黒」 : 我が家ではすっかりなじんだ減圧蒸留のすっきりさ。残波岬の「残波」。



それぞれ2本ずつ合計6本 沖縄からの送料込みで9600円

箱にそっと「塩ちんすこう」を忍ばせておくあたりが店の人の優しさか。わずかであっても通販の事務的な処理だけではない「人のぬくもり」が感じられてグッド。

おきなわe-時間(タイム)という店



だいじょうぶ、週1回の「休肝日」はしっかり守ってます、どころか休肝した次の日も自主的に休肝日にしてます。なぜなら肝臓の負担削減というなら一日ではなく2日続けることで2日目に肝臓がほんとに分解作業をしなくていいからです。1日の休肝日だと24時間かかって分解が終わるとまた仕事がくるのです。今まで休肝していなかったのでえらそうに言えませんが世話になって頭の上がらない人から厳しく言われましたので・・・



長生きしてどうするの?

惚れた一人の女を幸せに出来なかった自分がこれから誰の幸せのために生きていけるのか・・・

「火の鳥 未来編」のマサトのように生きてみようか・・・  何百年の孤独は耐えられない

庄内平野で魚を売っていた「マサタ」のようには実直に生きられない・・

(マサタの刺身の切り方はあまりうまくなかった。今の俺のほうがきれいに切る)



日焼けしたばあちゃん 「浜のABBA」  素敵な笑顔



同じカテゴリー(美味い酒)の記事画像
ほっけとマテウスロゼ
矢沢ビアサーバー
泡盛 『残波』
ボジョレーヌーボー
泡盛
東北のうまい酒
同じカテゴリー(美味い酒)の記事
 ほっけとマテウスロゼ (2017-11-07 22:34)
 矢沢ビアサーバー (2015-11-22 06:55)
 泡盛 『残波』 (2014-12-04 18:00)
 ボジョレーヌーボー (2014-12-03 18:00)
 泡盛 (2013-12-25 12:00)
 東北のうまい酒 (2013-06-04 10:00)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。