2014年01月05日

追悼 大瀧詠一

大瀧詠一が亡くなったニュースは衝撃だった






僕らが10代の時に、それまでは反戦がテーマだったり反社会的、アングラ的要素を匂わせながらかなり土臭かった雰囲気でもカッコイイと思っていたフォークソング全盛時代にいきなり都会的で洒落た音楽を聴かせた「はっぴーえんど」


松本隆
細野晴臣
鈴木茂
大瀧詠一の音楽は俺らの脳天をシンバルでひっぱたいた!


少し鼻にかかったような声、斬新でけだるそうなメロディと小洒落たアレンジ









「そらとぶくじら」

「指切り」

「びんぼう」

「水彩画の町」  なんか聴いた日にゃ ”クロスビー スティルス ナッシュ&ヤング” を髣髴とさせるどころかギター小僧のハートを鷲づかみのかっこいいスライドの響き

「乱れ髪」  竹久夢二の儚げでしなやかな色っぽさを持つ絵のような世界感・・・

なんて素敵な曲を作るんだろう

その後の山下達郎や大貫妙子などのシュガーベイブのプロデュース、80年代のロングバケーションの大ヒット・・・






冬のリヴィエラ

風立ちぬ(松田聖子)

幸せな結末 ・・・ だったのだろうか




2009年2月26日の弊稚拙Blogに書かせてもらった記事

http://ideha2001.n-da.jp/e107996.html


もったいない人がいなくなってしまった


知っている人にはもっと多くの幸せを与える力があっただろうに


多くの知らない人には新たな幸せを繋げる力があっただろうに







同じカテゴリー(音楽(聴く))の記事画像
セクシー人参
秋の夜長のJAZZ
東京JAZZ Vol.3 川口千里
東京JAZZ VOL.2
冥土への手紙
ひで&たま Live動画
同じカテゴリー(音楽(聴く))の記事
 セクシー人参 (2018-04-15 17:47)
 秋の夜長のJAZZ (2017-11-08 19:00)
 東京JAZZ Vol.3 川口千里 (2017-10-22 06:06)
 東京JAZZ VOL.2 (2017-10-15 14:00)
 冥土への手紙 (2015-10-07 06:55)
 ひで&たま Live動画 (2015-02-16 18:00)

この記事へのコメント
♪髪をほどいた~君の仕草が~ 泣いているようで胸が騒ぐよ~
♪振り返るのは~終わりにしよう~ 他の誰でもなく~今夜キミは僕のもの~

二十歳頃、浜田省吾ファンだった俺は女房の影響で、ハマた。

いだましぃ・・・
Posted by どぜお at 2014年01月05日 20:05
兄の影響で「はっぴいえんど」を聴きました。
享年65才とは、なんとも早すぎます。
ご冥福をお祈り致します。
Posted by かず at 2014年01月05日 23:46
【どぜおちゃん:遅くなってごめん、奥さん、渋いですね。わりと男受けしそうな気がするもんで。

「髪」というテーマがよく出てくる。

もってね人を亡くした。




【かず様:前の記事でもコメントいただきました。65歳の健康でたばこも吸わないオヤジがなんで林檎食っていきなり死ぬんだ・・・・

もっと何か人の幸せの手伝いが出来る人だったろうに。音楽で。

ものの本によると幼い頃から洋楽も含めものすごく音楽を聴いていて相当の知識と見識を持っていたと。それがたくさんの素晴らしい曲を生み出した、、、

もったいない人がいなくなっちまった。
Posted by とーしろとーしろ at 2014年01月06日 22:17
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。