2013年12月25日

泡盛





小学生の頃、小説を読むとたまに出てくる「泡盛」というものを知らない私はおそらくビールの古い言い方なのだろうと勝手に想像しそのまま青春時代を過ごした。二十歳になり酒を飲めるようになった頃には老酒やバーボンは飲んだこともあったが泡盛は「焼酎に似た沖縄の酒」というくらいのわずかな知識しか持たなかったし、つまるところ、約10年に渡って私の中では「泡盛は麦酒」だった。生活の周りに泡盛はなく嗅いだことも飲んだことも無かった。

何かの機会に飲んだことがあるとすれば誰かの沖縄土産でちょびっと。




それから30何年以上過ぎて・・・・しかし、ここにきて一気に泡盛ファンになってしまう。






沖縄土産に自宅用に買った泡盛2本。
行く前に何が人気かは調べてあったのだが、空港でおばーに薦められたものに切り替えた。キーワードは「沖縄でしか買えない」。本土に帰って買えるものは重い荷物にする必要は無い。行く前に調べておいた人気5種のメモは不要になった。

燁泉 熟成古酒 43度 上原酒造株式会社
琉球の華 古酒 25度 津波酒造所

タイ米で醸造される泡盛は銘柄でかなり個性が異なる。しかし、どちらも美味い。
豊かな芳香と味わいながら乙類焼酎の「いも」「麦」「米」とも違う感覚。



国際通りの一本小路に入った店で高校生のおニーさんに薦められた「残波」を探してみる。
すぐに見つかったAmazon
白、黒、プレミアム古酒    選んだのは黒、30度

減圧蒸留だろうが常圧蒸留だろうがいいんでないかい。1本でも6本でも沖縄からの送料は1000円。ならば6本買いましょう。瓶入りの古酒と6本セットというのもありましたが保管場所を考え紙パック。






残波はいわゆる昔からの泡盛のふくよかな味わいというより現代風に洗練されたすっきりした味かもしれません。でも、ロックで飲んでみて一発でとりこになりました。


「お父さん、少し残ってるわよ」

「はい、ざんぱ整理します」






自分用に選んだ琉球ガラスは良い色合いです。

これからの人生もまた「泡」を適度に含みます。

いや、口の端ではなく。バブルでもなく。


同じカテゴリー(美味い酒)の記事画像
ほっけとマテウスロゼ
矢沢ビアサーバー
泡盛 『残波』
ボジョレーヌーボー
泡盛 その2
東北のうまい酒
同じカテゴリー(美味い酒)の記事
 ほっけとマテウスロゼ (2017-11-07 22:34)
 矢沢ビアサーバー (2015-11-22 06:55)
 泡盛 『残波』 (2014-12-04 18:00)
 ボジョレーヌーボー (2014-12-03 18:00)
 泡盛 その2 (2014-01-12 16:38)
 東北のうまい酒 (2013-06-04 10:00)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。