2013年06月04日

東北のうまい酒

谷塚屋から買った美味い酒

すべて純米吟醸

北の方からいきます



青森県 『喜久泉』 

辛口ながらふくよかな味わい、冷やしても常温でも美味い。  




西田酒造店、元は近江の国で呉服商だった家が青森に移住し酒造りを
はじめた。「田酒」(でんしゅ)という店でもネットでも出せば売り
切れる大人気、出荷量の少ない酒も造る。田酒はいつか手に入れよう。




岩手 『南部美人』



若手蔵元の久慈浩介氏と現代の名工にも選ばれた名杜氏、山口一杜氏が
醸す岩手の銘酒、とある。米の旨さを保ったまま辛口に仕上げられた
さわやかな味わい。どんな料理にも合う。



北の日本海側  『雪の茅舎』



ふくよかで上品なのど越しとほどよい香りが生きている酒

酒蔵の自社宣伝:
高橋藤一杜氏をはじめとする蔵人の技により、酒造りが行われます。
伝統の技と新しい酒造りの研究が、「酵母の自家培養」や「山廃の復活」
を可能にするとともに、数々の賞の受賞につながっています。
全国新酒鑑評会での、平成に入って13回の金賞受賞は秋田県1位の成績です。





今回の酒はどれもふくよかな香りと上品な味わいを辛口のすっきりした
口当たりの奥に忍ばせている。3銘柄ともなぜかとても良く似ている。
いきなり自分の好みにどんぴしゃ過ぎて少々面食らっている。


ここからゆっくり南下して行こうと思っているのだが、ここにとどまっても
良いかなと思うくらい美味い。そう言わず、また、山形の酒から数本ずつ
買ってみよう。箱の形状から4本が良いようだ。いや、6本の箱もあるに違
いない。



ちなみに一升瓶6本まで、720mlなら12本まで一口800円の送料で送ってもら
えるってことは、美味い酒を買いにガソリン代や電車賃を掛けずとも手に入る
ということだが、好みの酒を探すのにアドバイスを受けるというメリットも考え
れば酒屋に脚をのばすというのもまたよしか。





同じカテゴリー(美味い酒)の記事画像
アルガブランカ
空き瓶
谷塚屋セレクト
ほっけとマテウスロゼ
矢沢ビアサーバー
泡盛 『残波』
同じカテゴリー(美味い酒)の記事
 アルガブランカ (2018-06-22 06:27)
 空き瓶 (2018-06-13 11:36)
 谷塚屋セレクト (2018-06-08 21:41)
 ほっけとマテウスロゼ (2017-11-07 22:34)
 矢沢ビアサーバー (2015-11-22 06:55)
 泡盛 『残波』 (2014-12-04 18:00)


※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。