2013年01月26日

「共喰い」 田中慎弥

「共喰い」

ご存知、2012年の芥川賞受賞作品を遅ればせながら読んだ。

作者は芥川龍之介、川端康成、谷崎潤一郎などを尊敬する純文学の小説家である。あの芥川賞を受賞した後の会見でふてぶてしい態度と挑発的な言動をしたのは、実は、選考委員であった当時の石原東京都知事が「候補作を一生懸命読んでいるのに今年の作品はバカみたいのばっかりだ」と言ったことに反発したという話もある。しかし、後日談で本人は都知事の話は聞いていないとも言っている。

そんなことはないだろう「断って気の小さい選考委員が倒れたりすると、都政が混乱しますので、知事閣下と東京都民各位のために…」なんちゃって言ってるのだから読んだに違いない。ただし、あとからの記事を読むとお互いがそんなに嫌ってはいないようだ。


他のインタビューなど読むにつけ彼の性格はいたって冷静で分析力鋭く頭のいい人なんだなあと思う。少なくとも受賞会見でのふてぶてしいイメージではなくもっと繊細でシャイでかなりまともな感性の持ち主のように思える。



彼の文章は端正で緻密で美しい。いや、受賞作の「共喰い」に限っていえばそこに表現されているものはどぶの匂いがする暗くじっとりした湿り気を帯びたものだが、文章は美しい。そして登場人物の心の移ろいの晒し方がうまい。この辺に芥川賞に撰された力量なのだろうかと思う。




そのはず、調べてみれば、二十歳から小説を書き始め、新潮新人賞をはじめ川端康成賞、三島由紀夫賞、野間文藝新人賞など純文学系の賞を軒並み受賞している実力。

ただ、受賞作の物語構成としては実に時間軸が短く小説も短い。ただせさえ薄い本なのに厚さの半分で表題の小説は終わり、次に「三期層」という小説が残りの半分で、ちょいと拍子抜けを感じてしまった。「長編でこそ真価を発揮する」とは石原前都知事も言っている。

暴力と性を描いた受賞作は読む方の気持ちを冷たい裏庭のドクダミの香りのような陰湿な世界に引きずり込み、少なくともハッピーな気持ちにはさせてくれないし、性も暴力描写もどこか僅かに架空感が付きまとい本気になれない部分を感じる。つまり総合的に言えば文章はうまく読みやすいし表現力はあるものの、テーマが小さく陰湿なので読み終えた後の満足度は少ない。今後に期待したいが母親とつつましく生きるニートな生活の中で大きな展望が開けていくのだろうか心配でもある。

本が売れてニートからの脱却、てきぱき働く美人な嫁さんでももらうが良い。いや、これは余計なお節介を言ってしまった。

書きながら少しこの作家に好感を感じている自分に気づく。



自分は本を読む時期は年間300冊はいくが、パタリと止まると2年くらい平気で読まなくなることもある。ある作家に興味を持つとしばらくその作家に夢中になるタイプ。図書館は利用しない。読みたいときに探して無いのがいやで結局買って読んでしまうから。読みたいけど、家に本が増えて置き場所がなくなるので困る。かといって買った本は捨てられない性分なので、買わなくなる=読まなくなる。でもそのうち、突然活字に飢えを感じ、読み始めると次々買い始める。そんな繰り返し。


本を物理的に増やさないために電子書籍にしようかとも思ってみたが読みたいものが電子書籍化されていないようだ。楽天もAmazonもまだまだ。結局メールとネットの道具になってしまうならモバイルPCがあるのでいらない。それにしてもスマホは中途半端だ。ガラケーに戻そうと思うこのごろ。2番目の娘がKindleを使い始めた。



そして、Blogに本のことを書くとアクセスがガクッと減る。
ひとつのBlogに多角形の話題を詰め込むのがいけないとは
知っている。でも、全部自分の趣味だ。
Blogをテーマごとに作ろうかと思ったこともあるがやめた。
いつものことだが嫌味のひとつも言いたくなるのである。

「若者よ 携帯見ずに 本を読め ゲームを捨てて 人と語らえ」

もいっちょ 

「本を読め ゲームのために パケット使うな!」


同じカテゴリー(ミーハーな読書)の記事画像
椿山課長の七日間
天国までの100マイル
カエルの楽園
pepe
Kindleで周平
『永遠のゼロ』
同じカテゴリー(ミーハーな読書)の記事
 椿山課長の七日間 (2016-06-27 13:00)
 天国までの100マイル (2016-06-25 04:00)
 カエルの楽園 (2016-05-25 07:00)
 pepe (2016-04-11 22:49)
 Kindleで周平 (2013-06-05 12:00)
 『永遠のゼロ』 (2013-05-31 12:00)

この記事へのコメント
電子書籍、あればあると便利なんでしょうけど、イマイチ購入に踏み切れず。
どのネットブックもコンテンツが少ないようです。

自分もブログは色んなネタを書いてるので、主観がなにか書いてる本人さえよく解ってません(汗)
同じようにネタごとにブログを作ろうとも考えましたが、ただでさえSNSにも手を出して手が回らず、おまけにどれもネタ切れで長続きせず・・・
mixi,facebook,twitter,fc2,yahoo,LINE,skype,etc・・・

それと、そろそろスマホデビューしようかと考え中。
先日AUが発表したINFOBAR A02を購入しようかと思ってます。
今使ってるINFOBAR2もキタQ時代から使い続けて早5年、もう取替え時かなと思います。
ウルトラモバイルノートがあるので、スマホの必要性は感じないんですけどね・・・
Posted by ギムレット at 2013年01月27日 09:53
【ギムレット様:スマホだと画面が半端でネットはめったに見ないのに定額、本体料金もまだ払ってて携帯料金が高くてばからしい。子供のiPhone の方が安く済んでいる。

外出先で移動中も常にネットするわけでもなく今はモバイルデータ通信の契約はしていない。

ケータイはガラケーに戻して、LTEでデザリング、大きな画面はPADという構成なら使いやすそうだが・・はてさて
Posted by とーしろ at 2013年01月27日 11:23
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。