2012年05月16日

「My Funny Valentine」 by STING





子供がテレビで映画を観ていた

「阿修羅城の瞳」


もともとは演劇界に衝撃を与えた『劇団☆新感線』の芝居で
オリジナルと再演、再再演があったんだと。
それを映画にしたのがこれ。


染五郎
宮沢りえ





SFX多用のちゃっちさもありつつ、面白いところもあり、
染五郎のちゃんばらの身のこなしはさすが血統だなとか
宮沢りえは好きな女優だが謎のおんな「つばき」の妖しい
色気が出ていないとか思いつつ、これはきっと劇場で芝居を
観るほうがずっと面白いだろうなぁと強く感じた。
観られないけど。


映画が終わりクレジットが流れ、エンディングの音楽に耳を奪われる

ジャジーなハスキーボイスにピアノがすごく良い、誰だっ!



調べるとSTINGが歌う「My Funny Valentine」
ピアノはハービーハンコック 
どうりでウマいわけだ、納得  即、買い!




Amazonに注文したらその日の夕方に届いた便利な世の中

STINGってポリス時代も含めて聴いたことがなかった。
(おれは何も知らずに生きてきたんだな・・)
なかなか良いではないか、映画「レオン」も観たくなった。
「シェイプ・オブ・マイ・ハート」が入っている。
でも、血を見るのはヤダな。

ジャン・レノ  ナタリー・ポートマン


同じカテゴリー(音楽(聴く))の記事画像
セクシー人参
秋の夜長のJAZZ
東京JAZZ Vol.3 川口千里
東京JAZZ VOL.2
冥土への手紙
ひで&たま Live動画
同じカテゴリー(音楽(聴く))の記事
 セクシー人参 (2018-04-15 17:47)
 秋の夜長のJAZZ (2017-11-08 19:00)
 東京JAZZ Vol.3 川口千里 (2017-10-22 06:06)
 東京JAZZ VOL.2 (2017-10-15 14:00)
 冥土への手紙 (2015-10-07 06:55)
 ひで&たま Live動画 (2015-02-16 18:00)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。