2011年12月21日

精米機

実家の米をずっと食べている。

精米してもらった米は季節によって酸化と特に夏場の室温でかなり味が落
ちるので、数年前から玄米のまま送ってもらい近所のコイン精米機で白米に
してきた。

やまのかみが時々5kgの米を担いで精米しにいっていたのだが、ついに、
自宅で精米できる小型の精米機を「クリスマスプレゼント」に買ってあげた。



精米 開始!





「4合」 「白米モード」 

(3部、5部、7部づき 白米 が選べます)
(一度で最高4合、うちでは4合以上炊くことはまずありません)




3分後  終了まじか





画角が違ってパイロットランプの色が違って見えるがホワイトバランスは同じ
黄色い玄米が白くなっているのがわかるだろう









完了

とても普通に白米で、とても美味しいいつもの庄内米です。




Amazonで8126円の精米機、音は多少うるさいがたいしたことはない。

象印や他のメーカーも作っていて価格もある程度ばらつきがあるが
精米の原理はみな似たりよったりで棒で撹拌するか、網の上にざらざら
流して玄米の表面同士を擦り合わせ削り取るしくみ。
ぬかは外周部か下の器に落ちる。単純な動作できれいになるのがうれしい。

これを「ぬか喜び」という。



やまのかみの戯言

「一升瓶と木の棒が届くかと思った」

うまい!・・ぽちっと押しといて頂戴


同じカテゴリー(料理(道具))の記事画像
スピードカッター
寄木細工
「義近」という正統
同じカテゴリー(料理(道具))の記事
 スピードカッター (2011-07-20 07:33)
 寄木細工 (2010-08-29 04:00)
 「義近」という正統 (2010-07-14 12:00)

この記事へのコメント
削って出てきた「ぬか」でイワシのコヌカ漬けなんて作ったら・・・
しょっぺぐで、ままえっぺ食える。
これも「ぬか喜び」と言う。

一升瓶と木の棒・・・
何十年前の話や?
戦時中でねんだがら(爆;
Posted by どぜお at 2011年12月21日 12:10
家庭用の精米機があるのは知らなかった。

3年で元はとれそう。

自動的に木の棒で突いてくれる機械があれば面白いんだけどなぁ。
Posted by かズ at 2011年12月21日 12:16
自宅で精米できるなんて、便利ですね

奥様、嬉しいプレゼントですね
Posted by える☆ at 2011年12月21日 20:01
【どぜお様:そういう手があったか「ぬか漬け」。美容に使うことしか考えていなかったわ。大き目の箱で「ぬか」を送りますので、おいしい「ぬか漬け」が完成したら返送お願いします。


戦時中の「一升瓶精米」とまったく同じようなものでした。しかし、この価格で出来てることが脅威だ。国産では絶対無理。
Posted by とーしろ at 2011年12月21日 22:36
【かズ様:売ってることは知っていましたが、自分の使う家電品という範疇に無かったです。ふと、思い立ってレビューを見れば評判は上々だったので。

コイン精米に行くとガス代もかかるので2年で元が取れます。かなりいいです。
Posted by とーしろ at 2011年12月21日 22:39
【える様:自宅でその一回炊く量が精米できることがありがたい。実家とか自分が小さい頃、見たことがある精米機は稲倉とかに設置された大きな装置で、「ガーッ」て数十Kg一気に精米するものだったから。

耐久性はかなり差し引いて考えますが、今、炊く量だけすぐ精米できる便利さだけでも高い評価をあげてもいいと思う。1年で壊れたとしても許す。2年もったら褒めてあげよう。3年もったら「製麺」もさせてやろう・・・どうやって?

麦粉の表皮を削る大事な役目。大きな迷惑。

「麦の表面は堅くて刃がかける」
「最初から丸棒が回転するだけで刃は付いてないじゃん、とんがってんじゃねぇ」

「だから余計に丸くなりました」

ちゃん、ちゃん
Posted by とーしろ at 2011年12月21日 22:52
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。