2011年05月21日

のぼうの城

最初に脚本ありきで後に作者自身が小説として書いためずらしいパターンの、現在120万部

売れてなお部数を伸ばし続けている大ヒット作品。 コミックとしても書かれている。





「のぼう」とは耳慣れぬ響きだが「でくのぼう」の城主(殿様ではない)を皆がそう呼ぶ。


これから読む人のためにblogにはあらすじを書かない主義。へたに書いて間違った先入観を

持たれてもいけない。

面白いのは作中の台詞、目上の人や上司に話すときは武士言葉なのだが、同等の身分の

人間に話す言葉は徹底して現代の言葉使いなのだ。それが主人公の性格の清清しさと

あいまってこの作品に一服の涼風を吹き込んでいるように思える。物語は痛快、爽快!



で、映画は完成し、今年の秋に封切なるはずであったが、・・・ものすごく残念なのだが、

なにせ、石田三成の軍勢2万がたった500人の兵で守るお城を、あろうことか容赦なく 

「水攻め」 にする大規模なシーンがクライマックスの映画であるがために・・・延期された。 



エンターテイメントである映画でそのような気を遣うことも・・・という意見もあったということだが

無理からぬ判断であるとは思う。



1年過ぎた秋に封切しても震災が映画にとって不運だったと言われない大盛況の映画で

あらんことを。

 ・・・ぽちっと押しといて頂戴



同じカテゴリー(ミーハーな読書)の記事画像
椿山課長の七日間
天国までの100マイル
カエルの楽園
pepe
Kindleで周平
『永遠のゼロ』
同じカテゴリー(ミーハーな読書)の記事
 椿山課長の七日間 (2016-06-27 13:00)
 天国までの100マイル (2016-06-25 04:00)
 カエルの楽園 (2016-05-25 07:00)
 pepe (2016-04-11 22:49)
 Kindleで周平 (2013-06-05 12:00)
 『永遠のゼロ』 (2013-05-31 12:00)

この記事へのコメント
2万の軍勢vs500
てことは、40:1
40倍ってことか~圧倒的差
大自然を相手にするようなもんか
さらに、水攻めってとこが
津波と絡んじゃってるのか~
わからないでもないな~~。
Posted by かじおやじ at 2011年05月21日 19:42
【かじおやじ殿:秀吉が得意の兵糧攻めの典型ですな。石田三成はどうしてもやってみたかった。しかし・・・・

ここからが面白いところでございます。主人公が素敵です。

原作の脚本を読んだ映画関係者が「これは映画化は無理です」と言ったとのこと。ところが北海道の原野にブルドーザをたくさん走らせ作った大規模なセット。機会があれば見たい映画です。

復興のためには、経済が動くところはどんどん動かないと原資が不足して停滞します。本を読もう!映画も見よう!   でした。ありがとうございます。
Posted by とーしろ at 2011年05月21日 20:24
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。