2011年05月20日

プリズンホテル

 浅田次郎







読み始めて思い出したのは、若い頃の筒井康隆のスラップスティック系どたばたコメディ・・

と思いきや「ぽっぽ屋」とは違う一面を見せる浅田次郎の筆力を存分に味わえる作品。

(といいつつ人間味溢れる優しさの本流は共通か)



なにせ登場人物が活き活きしていて、欠点をさらけ出し苦悩をかかえながら乗り越えていく。

面白いので笑いをこれえきれず、ひとりで 「くっくっ」 なんてやってると知らない人から見たら

気持ち悪いオヤジだ・・・はなれとこ、 電車の中でふと顔をあげると半径5mに人はいなかった。

なあんてシーンがあるやもしれぬ痛快活劇任侠人情渾然一体小説。



KAWASAKI ダボワンスペシャル なんて聞くと  血が騒いじまう  やべぇさ加減

キャプトンマフラーの響きがたまらねぇ   ってのを思い出し


 ・・・ぽちっと押しといて頂戴




同じカテゴリー(ミーハーな読書)の記事画像
椿山課長の七日間
天国までの100マイル
カエルの楽園
pepe
Kindleで周平
『永遠のゼロ』
同じカテゴリー(ミーハーな読書)の記事
 椿山課長の七日間 (2016-06-27 13:00)
 天国までの100マイル (2016-06-25 04:00)
 カエルの楽園 (2016-05-25 07:00)
 pepe (2016-04-11 22:49)
 Kindleで周平 (2013-06-05 12:00)
 『永遠のゼロ』 (2013-05-31 12:00)


この記事へのコメント
プリンスホテル  と思って客がやってくる。
Posted by とーしろとーしろ at 2011年05月20日 22:47
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。