2011年05月01日

「三代友達」 黒川

あっ!くん の記事で紹介されている黒川のテレビ放送のこと

庄内を離れる29日の朝、NHKで黒川能をテーマにした番組をやっていた。久しぶりの風景、
顔見知りの元気な姿、屋号の表札の画面にテレビにかじりつき、番組が終わると黒川に直行した。

2008年6月19日の 「笛の名手逝く」 の記事で書いた  屋号を見たひにゃ・・・
自分なりの感慨もあるわけで・・・



用事もあったし、ご無沙汰の人にも会いたかったし、その人はたった今のテレビに出てたし・・

29日は短縮編、30日のBSではフルバージョン


ハイビジョン特集  三代友達 ~大地の祈り 黒川能の絆~


2日 NHK BSでもう一回全国放送だぞ 夕方4時 フルバージョン 見るべし


ざっと紹介

『テレビ放送された画面を撮った写真はそのまま載せます』
『個人名は伏せます、個人を指す必要がある場合はイニシャル程度とします』

写真は短編バージョンとフルバージョンと両方から撮った気がします。



休耕田を利用して育てた大豆で作った豆腐は最高の出来栄え、さぞ美味いだろう。
(いまどき国産丸大豆の豆腐など超高級品だ、我々の普段の豆腐納豆は外国の大豆)

村中総出の豆腐焼き、天井もこげる火力で顔もぽっぽ、皆の顔は明るく、冗談の
応酬をしながら大量の豆腐をあぶる。






2月1日 王祇際 (黒川の正月)  春日神社にのぼりが揚がり





上座、下座、それぞれの当屋じいさんの待つ家へ向かい神社から出発する「王祇様」の御神体










王祇様を迎えた当屋では座中の全員が正装の裃姿で集まり「座狩り」を行う



また、新規に座に加わった家などがあれば承認が行われる重要な場でもある




焙って「凍み豆腐」となった豆腐は解凍され幾分乾燥した状態で保存されるが
役者やお客さんや人々の口に入るときに2番汁というたれに入れて食べる。
山椒をがっつり効かせて食べるのが黒川流、上座と下座でたれと食べ方に
違いがある。しいて言えば「中華そば」と「つけ麺」のような・・・




ここで黒川自家製の山椒の美味さを経験すると、市販の山椒は「これナニ?」

庄内出身者がよその土地のビアガーデンで気軽に「枝豆!」を注文しない方が幸せ・・みたいな





能舞台の最初は5、6歳の少年が演じる 「大地踏み」





大人にも暗記出来ないあの長い難しい能章を大きなよく通る声で完璧に唱える力



この歳ですでに強い信念を感じさせる凛々しい目




観客席で我が子の舞台を見つめる母の祈りと懸命








大地の四方を縦横斜めに踏み固め悪霊退散、五穀豊穣を祈る所作舞い





長い所作舞いが終了、割れんばかりの拍手、やり遂げた子供はまた階段を登る

父と母は我が子の成長ぶりに思わず胸が熱くなる瞬間の誇らしさ





式三番が執り行われ、能と狂言の番組が進行するあたりはテレビ番組では端折られて

メインで紹介していた青年の舞う  『嵐山』








この面(おもて)を身につけ舞う青年は性格の素直な、くやしいほどのイケメン

かわいい嫁さんと長男にも恵まれ、農業だけでなく老人介護もこなす多忙の中の充実



大豆畑の草刈で 「大豆一本刈っちゃいました」

お父さん曰く 「自分の脚 刈らない分上等だ」    どちらも優しいのだ



親子三代に加え四代目の成長を見守る大家族の結束と愛情。直接の家族だけでなく

地域全体で子供/若者に農業も能も教え指導し、伝統を確実に伝えていく姿。日本から

ほとんど失われつつある人と人の繋がり、テレビ番組のテーマはここか。





テレビでは、徹夜で演能した次の日の朝、王祇様が神社に帰る時の紹介はしていたが

2日目に行われる神社でのクライマックス行事の数々は端折っていた。別の機会に。




春になると春告笛が獅子舞と一緒に村々を練り歩く




あっ!くんの4月4日の記事 に臨場感たっぷりに紹介されている


弊blog 「黒川能 笛の名手逝く」  でも春告笛のことを書いている


そして、テレビはあっ!くんの練習風景を流し、月山の姿にて終了するのである。



おとうさんにつかまり立ち、美男美女の双子ちゃんは健やかに育ち、目力がすごい。

おとうさんの笛の音をDNAに聞きながら大きくなる。黒川は強い意志で伝統を守る。




短編バージョンを見て黒川に走ったとーしろは王祇会館に寄って、展示年間チケットを購入。

いつもお世話になってるさっきテレビで見た人には会えず。 親戚の家にご挨拶、さらに親戚の

叔父様がやってきて話が弾み、帰ろうかと思った時に王祇会館で会えなかった人がやってくる

というラッキー。春日の神様はちゃんと知っているのだ。







春日神社の名代に六所神社に拝礼し帰路に着く



(最後の2枚はテレビではなくおらがデジカメ)

・・・ぽちっと頼む





同じカテゴリー(黒川能)の記事画像
式年祭 春日神社
第23回 蝋燭能 第二部
第23回 蝋燭能 第一部
黒川能 平成27年 例大祭 下座
黒川能 平成27年 例大祭 上座
黒川能 平成27年 例大祭 式三番
同じカテゴリー(黒川能)の記事
 式年祭 春日神社 (2018-05-04 15:20)
 第23回 蝋燭能 第二部 (2016-03-05 17:59)
 第23回 蝋燭能 第一部 (2016-03-01 12:00)
 黒川能 平成27年 例大祭 下座 (2015-07-06 12:00)
 黒川能 平成27年 例大祭 上座 (2015-06-29 11:07)
 黒川能 平成27年 例大祭 式三番 (2015-06-21 13:00)


Posted by とーしろ at 18:00│Comments(9)黒川能
この記事へのコメント
とーしろさんのライフワーク
黒川能ですね。
長編ブログですね。
豆腐炙るのだけTVで見たことあります。(笑)
Posted by かじおやじ at 2011年05月01日 19:07
【かじおやじ殿:いやいや、限りなくファンなだけです。

能役者、囃し方や、神職の数百年変わらぬ仕事ぶりに感心し、台所から支えるおばあちゃんおばちゃんたち嫁さんの馬力にたまげながら、何時、何処からこの強い「意志」  『黒川能』  がやってきたのか、沸き起こったのか、永遠のテーマに誰も答えを出せない悠久の謎解きにロマンを感じてるだけ。

自分は通り過ぎる傍観者でしかないのです。また、いつかどこかのチャンスに行かねばなりません。

何時か、おやじさんも2月1日の本番に足を運んで豆腐を味わい能をご覧なってください。庄内の中の、酒田とは別な文化に驚き、うれしくなること請け合い。

是非。
Posted by とーしろ at 2011年05月01日 20:35
俺んちはBS契約してないので・・・
あちこちに録画頼んでるので、そのうち見れるか?
ダメだったら、とーしろさん録画したやつ送ってくれ!
ぜひ見たいです。
Posted by どぜお at 2011年05月01日 20:59
aaっ  いいよ、  まずは明日、BS見られる家に酒を持ち込んで、飲みながら見るべし。

録画したデータなどなんぼでもコピーしてあげる、よく構成された番組と見た。神社の尋常事にはわざと踏み込まなかったんだと思う。かかわる人たち、自分の意見をしゃべる人たちが生き生きとしたナマの声を語っていると思う。

たぶん、プロヂューサーが  出来るヤツと思う。うれしい番組です。
Posted by とーしろとーしろ at 2011年05月01日 21:19
出勤時間だったので最初の方だけ見れました。
やっぱりあの人があっくんだったんだ〜
全部見たかったです
再放送しねながなぁ
Posted by 酒やの嫁 at 2011年05月01日 22:53
【酒やの嫁さん:今日5月2日の夕方4時 BSで再放送があります。仕事中かもしれないのでお友達に録画お願いするべし。最終手段は私がDVDにして送ります。
Posted by とーしろ at 2011年05月02日 06:02
自己れす。
安請け合いはだめでした。申し訳ない。

テレビに繋いだHDDに録画した物はなんとでもPCで見られるようにフォーマット変化して保存出来るだろうとたかをくくっておりました。

調べてみると、、自分は以前ここに書いたようにテレビをREGZAチューナーで見ていて録画もREGZAに繋いだHDDですが、これで録画した物はPCでは見られない、触れもしないことがわかりました。

どうにかDVDにするためには再生しながらアナログ出力をレコーダーに録画するしかありません。それをPCで料理することになりますが第一、今使っているPCの地デジチューナーには外部入力がありません。取り替えたアナログチューナーにはありました。なんということだ・・・ボードは持っているがPCIバスが余ってない・・・・くくっ  81

もっと調べる。
Posted by とーしろ at 2011年05月02日 13:51
最後の10分間、見れなかったけど、
黒川の放送見ましたよ
強い、人と人との絆、信頼ある親子関係、
受け継がれる伝統・・・大豆から豆腐まで・・
自分たちで守る素晴らしさ、はかりしれないものを
感じました・・少しだけど「黒川」を知りました
Posted by える☆ at 2011年05月02日 19:23
【える様:ご覧なりましたか、よかったです。あるとき興味を持ってから、今まで経験してきた事柄とぜんぜん違うものに引き寄せられました。

あの土地には独特の、強く、優しく、懐の深い生き方があるようです。出来ないものにあこがれる自分がいる。
Posted by とーしろ at 2011年05月02日 20:38
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。