2011年05月01日

X-700 石釜パン

悪いことも良いこともあった2週間、久々に書き込むのはやはり「良いこと」にしよう。

18日の週は新潟方面に行った。 週末は一度自宅へ帰り・・・

25日の週は庄内に行って仕事して、酒田でブロガーさんと会い、鶴岡で仲間と会い、

帰りしな、黒川に寄って久しい人に会って帰ってきた、とまあこげなスケジュール。


話は2週間前のとある日曜日・・・・


朝早く、パン屋のテラスでコーヒーを飲みながら焼きたてを食べる休日

「石釜パン工房」

銀塩フィルム復活の  2本目




MINOLTA X700 MD ROKKOR F1.4 50mm 

時を同じくデジタルの絵を比較に 



DMC-LX3

はっきり言ってこのままではデジタル臭さとか銀塩の柔らかさとか特徴はわかりません。

いくぶん違うってのは比べりゃわかりますが。

銀塩フィルムは現像の具合とカメラ店のレーザースキャナで読むカラーエンジンで左右され

色の再現性が決まり、デジタルにしてしまえばPCからいじれるデータになってしまうってか。


アナログレコードをDENON103で再生してCDにしてしまう・・・みたいな・・




現像したフィルムからカメラ屋さんでいきなりjpegデータCDにしてもらうサービスが380円

スキャナを自前で持つよりも手間がかからないし、画像がきれいだ。


以下全部、銀塩フィルム



このパン屋さん、パンを買うと美味しい淹れたてコーヒーはサービスです。

パンもコーヒーも美味しいです。





少年は犬との微妙な距離を保ち身を守る本能




フォーカルプレーンシャッターの動きか遮光性か、経年劣化か素材かなにかに問題があるようで、

左側に白い筋が時々出ます。入院コースかな?





背後霊などではないようです。




・・・ぽちっと頼む

午前零時の予約掲載


同じカテゴリー(銀塩写真)の記事画像
鶴岡美少女図鑑 頓挫
グアムの別離
真夏の宙返り
光はまだ漏ると?
X-700 春の庄内
復興
同じカテゴリー(銀塩写真)の記事
 鶴岡美少女図鑑 頓挫 (2017-01-03 19:19)
 グアムの別離 (2016-08-06 06:00)
 真夏の宙返り (2016-08-05 07:15)
 光はまだ漏ると? (2012-06-23 12:00)
 X-700 春の庄内 (2011-05-03 10:12)
 復興 (2011-04-14 07:04)

この記事へのコメント
見せていただいたカメラですよね

私も覗いてみたかったな~

それ以上近づけない少年が、なんともかわいいです
Posted by える☆ at 2011年05月01日 11:31
【える様:そうです、しばらく日の目を見なかったフィルムカメラを有効利用する気になっています。いつでもファインダーを覗いてください。本来の写真の楽しさはファインダーで見ることかも知れません。

少年は大人が教えなくてもそれ以上近づかない動物的本能を持っていました。(笑)
Posted by とーしろとーしろ at 2011年05月01日 13:43
こんばんは。
f1.4のレンズは明るくて、春の優しい陽射しを撮るには
もってこいですね。
白いモヤはシャッターでしょうか?厄介ですね。
Posted by かず at 2011年05月07日 20:33
【かず様:こうやってみてみるとX700という最後のAF以前のカメラに初めて向き合った感じがします。まだ、向き合えていないとはおもいますが。写真を撮る行為を今からお勉強だったりするかもしれません。

測光性能と、露出/SSの制御はかなりのレベルまできていたらしいのですがとんと知らずに子供の写真だけ撮っていました。もっと使ってみよう!
Posted by とーしろ at 2011年05月07日 21:20
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。