2010年03月31日

しおりから石橋家

読みたいものを古本で入手すると時として面白いことにめぐり合う。

以前、「黒川能」の資料もそういうことがあった、著者の直筆サイン入り。

著名な人への贈呈本(売っていいのかという部分はつっこまない)流れ品。

今度は別に騒ぐことではないがしおり替わりにチケット半券がはさんであった。




はさんであったのは、青春の門 「挑戦篇 上」 

チケット半券の裏




1993年8月・・・この本の持ち主は(あるいは読んだ人は)時代に敏感に

発行されたばかりのこの単行本を読んだようである。

で、問題はこれからだ。 

この美術館はブリヂストンの創業者である実業家石橋正二郎の収集した

美術品を展示するため、1952年、 京橋のブリヂストンビル内に開館した。



なぜ、石橋家に興味があるか・・・・

ロックオヤジならよーく知っている「成毛 滋」の家系だからだ。

大学時代から朝吹誠と高橋信之(幸弘のアニキ)一緒にフィンガーズと

いうバンドし、後につのだひろ、柳ジョージなどとは日本のロックの草創期

に活躍。フィンガーズのドラムは朝吹誠、後のYMO高橋幸弘は朝吹誠から

ドラムのテクニックを教わる。

グレコのエレキギターが本物のレスポールより音がイイという伝説は成毛の

開発協力ではじめてなし得た。

成毛のソノシート、カセットでロックギターを練習した輩が日本のロックギターを

支えてきた、ロックギターテクニックの大先生だったのだ。

ちなみに、フィンガーズという先進的なロックバンドの熱狂的ファンだったのが

当時中学生だったユーミン。・・・スゲー話だ。


YOU YUBE で、もう、故人になっちまった成毛茂のギターは聴ける。



石橋家・・・・その家系図はこうだ。




紙幣の図柄や現職総理大臣や歴史に名を残す偉人がズーラズラ。

鳩ちゃん兄弟とはお母さんが姉妹だ。

ちなみに成毛滋の妹は有名な漫画家。

なんちゅー家系だ。目がくらむので何も言わずにこの項を閉じる。



もすこししっかりして欲しいよな、血統はすごいんだから・・・・・ポチッとな
(あーあ、話題がズレちまうじゃねーか)
(雪道も キラリ輝け ブリジストン)


同じカテゴリー(ミーハーな読書)の記事画像
椿山課長の七日間
天国までの100マイル
カエルの楽園
pepe
Kindleで周平
『永遠のゼロ』
同じカテゴリー(ミーハーな読書)の記事
 椿山課長の七日間 (2016-06-27 13:00)
 天国までの100マイル (2016-06-25 04:00)
 カエルの楽園 (2016-05-25 07:00)
 pepe (2016-04-11 22:49)
 Kindleで周平 (2013-06-05 12:00)
 『永遠のゼロ』 (2013-05-31 12:00)


この記事へのコメント
偶然の一枚のしおりから、いろんなことが
わかるのもすごい!

この、家系図、すごいです
「福沢諭吉」さんから始まり、「鳩山」さんまで・・
ほんと、目がくらみそうです(^^)
Posted by える☆ at 2010年04月02日 10:26
【える様:まいどどーもです。さらに、ここに書いてないけど、鳩山邦夫の奥さんが高見エミリーというのは有名ですが、そのお姉さんが右に書いてある石橋寛の奥さんなのです。彼女も超美人で元モデル。
もういちど目がくらみます。すごい家系です。
Posted by とーしろ at 2010年04月02日 12:38
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。