2010年03月25日

青春の門 その後

10代で読み始め、途中まで進んだが先がよくわからない本がある。

五木寛之がライフワークと言った「青春の門」



尾崎士郎の人生劇場が世にありながらも、五木が書かねばならなかった

物語があるはず。   

最後に読んだのはいくつのときで、堕落篇だか、再起篇だか覚えていない。


五木寛之 「青春の門」構成  単行本(各上下)と文庫本あり
「第1部 筑豊篇」
「第2部 自立篇」
「第3部 放浪篇」
「第4部 堕落篇」
「第5部 望郷篇」
「第6部 再起篇」
「第7部 挑戦篇」 本としての発行はこれが最後
「第8部 風雲篇」 週刊現代に連載後、出版されていない、上下の「上」まで執筆



尾崎士郎原作『人生劇場』(新潮文庫)
 青春篇(上)
 青春篇(下)
 愛欲篇(上)
 愛欲篇(下)
 残侠篇(上)
 残侠篇(下)
 風雲篇(上)
 風雲篇(下)
 離想篇
 夢現篇
 望郷篇

似たようなタイトルで構成されている。人生劇場は一気にそろえて買ったはず。

どこいった?



「青春の門」再起篇から読み進めてみようか、たぶん読んでると思うが。

五木寛之は信介が辿ったことになるロシアからヨーロッパへの足跡を追って、

風雲篇の「下」から書き進めるための旅をしたはずだ。

仏さま巡りはそろそろ終わりにして、信介と織江を書いて欲しい。

当時10代だった読者が老眼鏡を拭きながら待っているのだよ。




若い時分から幾度の引越しの際、ダンボールで蔵書を実家に持ってったり

どこかに持って行って散りじり。 


追記:筑豊篇で登場する「ボタ山」と「やぐら」の風景は九州にいたとき見てきたよ。

今なら、もう少し・・・いや、・・・そいだけ




どっちかっつーと織江が気になるバレバレ・・・・・ポチッとな


同じカテゴリー(ミーハーな読書)の記事画像
椿山課長の七日間
天国までの100マイル
カエルの楽園
pepe
Kindleで周平
『永遠のゼロ』
同じカテゴリー(ミーハーな読書)の記事
 椿山課長の七日間 (2016-06-27 13:00)
 天国までの100マイル (2016-06-25 04:00)
 カエルの楽園 (2016-05-25 07:00)
 pepe (2016-04-11 22:49)
 Kindleで周平 (2013-06-05 12:00)
 『永遠のゼロ』 (2013-05-31 12:00)


この記事へのコメント
「青春の門」・・読んだこと無いです・・
信介と織江は、完結してないんですね・・
長く続いてる本なんですね。「再起編」から、私も読んでみようかな
Posted by える☆ at 2010年03月25日 23:29
【える様:構想では12部までいくらしいのですが、8.5部まで消化して間が空きすぎています。僕らは最後まで読めるのでしょうか。先生は仏陀にとりつかれております。

面白いです。展開が速いので一気に読めます。物語を読むだけなら文庫本で十分と思います。単行本はかさばるし高価ですが挿絵が素晴らしい。ヤフオクで6部までの各上下12冊セットで3000円なんていうのもあります。文庫本は上下巻に分かれていません。

筑豊篇と自立篇だけは何度も映画化されました。豪華キャストです。DVDから攻める手もありますが、1部2部同じシリーズで見ないと人物イメージが変わってしまいます。3部以降は映画化されず。

お奨めは本の方です。私は映画は見ていません。

もういちど、面白いです、が、女と男で感想が違うと思う。
Posted by とーしろ at 2010年03月26日 06:57
はじめまして、「挑戦篇」を読み終えて、「風雲篇」をアマゾンなどで探していたのですが、単行本化されずに、まだ途中なんですね。
しかし、この様子だと「風雲篇」が完成するのはいつのことやら?早く読みたいです。
Posted by 芝商店 at 2011年12月13日 13:00
【芝商店さま:続きを早く読みたいですよね。
五木先生のタイムテーブルはどのようになっているんでしょうね。

伸介織江たちに廻る時間と五木先生や我々にめぐる時間は速さが違います。どきどきする展開でハートを熱くして欲しいです。
Posted by とーしろ at 2011年12月13日 22:55
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。