2009年05月08日

ハンク ジョーンズ、マリリンの続編

ハンク ジョーンズ、マリリンの続編


ハンク ジョーンズ、マリリンの続編


マリリンの切手シートの記事を載せた日、JAZZ(聴く)仲間のU氏が
「これ、いいよ」と持ってきたのがこれ。

ライナーノーツを見て、世の中は何かで繋がっていると実感する。
「ケネディめ」と書いたばかりの日に。

ハンク ジョーンズ、マリリンの続編


ハンク ジョーンズ、マリリンの続編


CDは聴き応えのある内容、週末にゆっくり聴きたい。

ハンクジョーンズは、サド ジョーンズ、エルビン ジョーンズ兄弟の長兄。



めぐり合わせの妙に、ポチッと!
ハンク ジョーンズ、マリリンの続編


同じカテゴリー(Jazz)の記事画像
若いJAZZ
チャーリーヘイデン逝去
深尾多恵子 田中裕士
レイ・ブライアント
STAN GETZ 「First Song」
Candy
同じカテゴリー(Jazz)の記事
 若いJAZZ (2014-10-06 12:00)
 チャーリーヘイデン逝去 (2014-07-14 13:30)
 深尾多恵子 田中裕士 (2013-05-04 10:00)
 レイ・ブライアント (2011-06-06 22:45)
 STAN GETZ 「First Song」 (2010-11-15 17:00)
 Candy (2010-11-05 06:58)


Posted by とーしろ at 13:02│Comments(2)Jazz
この記事へのコメント

マリリンの切手、やはり、何かがどこかで
繋がってる切手だったのですね!(^^)
だから、言ったでしょ!
あっ、言ってないか!(^^)
Posted by える☆ at 2009年05月09日 22:32

【える様:そう言われたような・・

弟のサド・Jはサド・メル楽団として超人気を誇った、今はいない。一番下のエルビン・Jはコルトレーンとの共演などで超有名な、奥さんも日本人で、超日本びいきのドラマーだった、今はいない。兄貴ひとり存命で、90歳を過ぎた体に鞭打ってJazzしてる。神様だ。

このライナーノーツを書いた人は、一関にある世界的に有名なJazz喫茶「ベイシー」のオーナー菅原さんでした。ケイコ・リーとハンク・ジョーンズのライブレコーディングがこのベイシーで行われている。

「JBL、Jazz」っていうお題では必ず登場するくらい有名な「店/オーナー」で、一度は行ってみたいと20年以上思っているが、実現していない。

この辺のこと(JazzとJBL)はまた別に書いてみたい。(お題が大きすぎて持て余すに違いないが)
Posted by とーしろ at 2009年05月10日 06:30
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。