2008年08月20日

3-WAY スピーカー



小学生のときトランジスタラジオが欲しいけど買えないおれは部品を集めて作った。以降、電子技術的なものが趣味になった。とりわけ、アンプやスピーカーを買わずに作ることになる。CDプレイヤーアナログプレイヤーは製品を使う。

自宅の部屋には大きすぎるの承知で、部品を集めて製作したウッドホーン構成の3-WAY、ユニットは全てJBL。ウーファの設計、ホーンの設計から数えれば結構な時間を費やしている。元は国産品愛好者だったが、腰の強さはJBL。完成品は高くて買えないが、中古ユニットはヤフオクで。ウッドホーンはEXCELで計算し、グラフ描き、CADで実寸にして、木材の小口に貼って削る。気の遠くなる作業である。  自分の人件費を換算すると「高くて買えない」値段より高くなる。 とんだお笑い種だ。

JBL 38cm ウーファ 136A


漬物石かカーリングの球みたいなミッド用ドライバー 2440


ウーファとミッドは500Hzクロス、ツィータは9000Hzで上乗せ。クロスしてない。
ツィータは075


BOXの仕上げは世界に類のない、ギターアンプとおそろいにしている。特にグリル
クロスは58年代のFENDER TWEED AMPの物を貼っている。




このスピーカーで聴くJAZZは昔流行ったJAZZ喫茶のあこがれのJBLの音である。
どんな重低音のベースでもよどみなく鳴らしきる。ねずみとゴキブリが逃げていき、
音が止むと帰ってくる。これを一時退避という。耳栓して帰ってきやがった。

このピアノトリオなんかずっしりとした低音を装置に求める。ヤワなスピーカーはCDに
負けちゃえ。へん。(かくいう自分の小さいスピーカーは負けます、再生し切れません)




ランキン押してちょうだい


同じカテゴリー(音楽(聴く道具))の記事画像
ヘッドフォン イヤーパッド
YDA138-e 中華アンプ
省コスト オーディオ
BOSE M2に挑戦 2
アンプ修理
CDプレイヤー修理2
同じカテゴリー(音楽(聴く道具))の記事
 ヘッドフォン イヤーパッド (2017-05-08 07:09)
 YDA138-e 中華アンプ (2016-09-04 11:00)
 省コスト オーディオ (2016-08-11 04:00)
 BOSE M2に挑戦 2 (2016-06-12 07:26)
 アンプ修理 (2014-08-28 12:00)
 CDプレイヤー修理2 (2011-09-19 20:08)

この記事へのコメント

自作は値段に変えられない貴重な世界で唯一つの「俺」になりますよね〜♪
私は聴く専門なのですが、こういうのを見ちゃうと・・・
自分でも作って見たくなったりするんです(^^;
多分・・・イヤ・・・間違いなく自分で作ったら煙噴いて爆発するだろうな〜(^^)
Posted by キョン at 2008年08月20日 17:30

キョンさま:自作物は愛着わきますね、スピーカーはいじりがいがある。ただ、仕上げの綺麗さというのは10台20台作って身につくものではなく、専門の勉強も必要みたいで、連続して作れない我々シロートはうまくいかないまま年月を経ます。
Posted by とーしろ at 2008年08月20日 19:07

こんな腕をお持ちとは。。素晴らしい♪
私は全然ダメです〜^^;
Posted by アド at 2008年08月20日 20:10

アド様:とーしろのへたの横好きです。「私ダメ」などということはありませんよ、貴方には貴方の好きなこと得意なことがあります。
Posted by とーしろ at 2008年08月20日 20:32

このスピーカーで音楽を聴いてる時は至福の時間なのでしょうね。

私もこの音に包まれてみたいです。(^^♪
Posted by マエヤマ at 2008年08月24日 11:13

マエヤマ様:自宅での休日はコイツの音のシャワーを浴びてます。迫ってくる音です。考えてみりゃ、あのパラゴンや、ハーツフィールドとほぼおなじユニット。いずれ東京方面に遊びに来て聴いてください。
Posted by とーしろ at 2008年08月24日 12:59
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。