2017年11月08日

秋の夜長のJAZZ

ひとりグラス傾け JAZZ





Stéphane Grappelli - Michel Petrucciani
「Flamingo」

バイオリンの凄み、フランス最高のピアノはエスプリ

西暦1995年収録当時、グラッペリ87歳、ペトルチアーニ32歳、

ベースがムラーツでドラムスはロイ・ヘインズ

このような素晴らしい録音が後世に残された幸運に感謝。

録音の2年後にグラッペリが、4年後にペトルチアーニが鬼籍に入る。

ハンディキャップと年齢を超えてなお芳醇なこのおしゃれ感。すごい!









Michel Petrucciani - Steve Gadd - Anthony Jackson
「Trio in Tokyo Import, Live」

もう一枚はブルーノート東京で1997年 

ペトルチアーニ、スティーブガッド、アンソニージャクソン。

これまた名演

  

Posted by とーしろ at 19:00Comments(0)音楽(聴く)